「けいおん!!」#20 感想:ライブシーンで違和感。でも部室シーンで目から汗。それと梓の視点。

2010年8月28日(by キョウ) コメント0
TVアニメ「けいおん!!」の9月末の最終回が近づいてきました。
1期からずっと観てきたファンとしては、落ち着かない気持ちになってきました(グッズやBD買わないゆるいファンですが)。
ツイッターで感想を少し書いていましたが、何だかブログでも感想を残したくなってきたので、最終回まで感想を書いていこうと思います(需要あまりなさそうだけど。人気作品なので検索経由ではあるかもですが)。
ツイッターでの感想をもとに大幅に追記・修正しまとめたものです(8/29:一部追記)。ネタバレ有りです。

今回20話は、学園祭最終日でのライブの話。唯たち3年生にとっては、高校生活最後の学祭ライブ。
最終話ともイメージできるような盛り上がりがある回だったので、ネット上のファンの間で話題になった回でした。
脚本:村元克彦さん、絵コンテ:石原立也さん、演出:米田光良さん、作画監督:門脇未来さん。

自分は、学園祭のライブでの観客とのやり取りに違和感を感じ、あまり感情移入出来ず、ライブシーンはそれほど盛り上がれませんでした。
今までHTTファンの描写は少なかったのに、熱心なファンが急に多く現れた印象がありました。軽音部とファンの一体感・親しげな距離感の描写が突然で強引に感じられました。
観客のHTTのTシャツ着用効果+クラス出し物の演劇にも唯たちが熱心に平行して練習していてクラスメートの好印象もあったのかもしれませんが。
今までファンが増加していく描写が少な過ぎだったと思います。
ファンやライブを楽しみにしている人たちから、応援の声を掛けられたり、会話したりする等の描写がそこそこあれば、自分は違和感を感じなかったと思うのですが。

ライブ演奏自体よりも、イベントでの一体感を重視した話を目指したのかもしれませんが、過去の学園祭ライブの映像・演出と比べると少し物足りない感じがしました(過去の出来がよかったので)。
でも内輪が多い高校の学祭で、想定外の事が起こった舞台上での落ち着かなさ、チグハグ感、グダグダ感、舞い上がった感じの描写はリアリティあってよかったと思います。

ライブ後の部室のシーンは、自分も目から汗出ましたw
ライブ後の余韻でまだテンション高めだけど、充実感も感じほっとしているメンバー全員。夕日が差し込む部室に座り込み壁にもたれています。
笑いながら、次は何をやろうかと楽しい部活等の予定を言い合います。クリスマスパーティー、新歓ライブ、学校の泊り込みの練習、夏の合宿。。
でも、それはもうこの学校・このメンバーでは出来ない事。
部室の天井と夕日が差し込む窓を映したカットから、唯たちが居るシーンに移ると、笑っていた唯たちは泣きはじめます。

「来年の学園祭はもっともっとうまくなっているよ」と言った唯の目から丸い大粒の涙がスッと頬にこぼれ落ちます。
他のキャラもそうですが、この大粒の涙の作画(絵&動き)がそのシーンの愛おしいイメージにとても合っていてよかったです。
引きの絵のカットでは、澪がギターと膝を抱え、頭を下げて肩を震わせすすり泣いているのも印象的でした。澪のキャラの特徴も出ていてた感じ。

今まで観続けてきた人でないと、こんなんでは泣けないというシーンかもしれません。でもずっと観てきた自分は、今までの彼女たちの行動・関係・感情を思い返され、感情的に込み上げ、泣けました。

梓が一人だけ泣かなかったのは、唯たち卒業で一人になってしまうと過去の話で何度も意識してきて、唯たちよりも喪失する想像をしていた+来年卒業ではないからかな?と思いました。冷静で思慮深め的な性格もあるでしょうけど。

でも梓は、唯たちの卒業付近の話では、泣いてしまうんだろうな。今回、やらなかった梓と唯の関係中心のシーンもあるでしょうし。
自分もそこは一番泣けてしまいそうな気がします。

主要キャラの中では、2期の梓が一番視聴者に近い視点だと思えますし。
主に唯たちが卒業してしまうという状況に対して受動的にならざる得なく(放送を受動的に視聴)、唯たちが卒業して(放送終了して)一人置いてきぼりになる、永遠に唯たちとは同じ学年(同じ世界)に属せない存在。そして、それを機会ある毎に意識し、わかっている存在。
カテゴリ : TVアニメ感想
タグ :